悪質業者

クレジットカード現金化の悪質業者の見分け方

投稿日:2017年1月18日 更新日:

クレジットカード現金化は、銀行や消費者金融でお金を借りることができない人にとって、現金を調達する最後の切り札ともいえるサービスです。

しかし、とても残念なことですが、クレジットカード現金化業界には、悪質業者が多数存在しています。

クレジットカード現金化を利用する際は、優良店を利用することが、最も大切です。

当サイト厳選の優良業者Best3
▼利用者数の多い業者で現金化▼
>>>クレジットカード現金化Best3

悪質業者の見分け方

クレジットカード現金化の悪質業者と優良店を見分ける方法はいくつかあります。

残念ながら、100%完全に、悪質業者の見分けがつくとは言い切れません。

でも、ここで紹介する方法を試すことで、かなりの確率で悪質業者かどうかを判断することが可能です。

ホームページの作りが雑

クレジットカード現金化の悪質業者はホームページが雑クレジットカード現金化の悪質業者が、最も恐れるのは、利用者からの告訴と当局の捜査です。

そのため、事業所の設立と閉鎖移転を短い周期で繰り返します。

それによって、捜査の手を逃れようとするのです。

クレジットカード現金化業者にとって、ホームページは最大の集客窓口です。

しかし、ホームページの制作費は、思いのほか高くつきます。

短い周期で作り直すには、費用対効果が望めません。

事業所や店舗のスクラップ&ビルドを繰り返す、クレジットカード現金化の悪質業者のホームページは、手抜きで雑なものになりがちです。

ありえない換金率を表示

後で詳しく述べますが、クレジットカード現金化の悪質業者は、ありえないような高い換金率を提示します。

高い換金率で、お客様を誘導して、詐欺まがいの行為で暴利をむさぼります。

ホームページでも電話でも、ありえないような高い換金率ばかりを提示する業者は、悪質業者の可能性が高くなります。

電話番号が携帯

クレジットカード現金化の悪質業者は、経費の掛かる固定電話を設置しない場合があります。

連絡先の電話番号は、携帯の電話番号になっていることもあります。

ビジネスを行う上で、固定電話がないというのは、信頼性が大きく揺らぎます。

また、固定電話に電話をしても、すぐに携帯に転送される業者も注意が必要です。

スタッフが、ほとんどいないクレジットカード現金化業者によく見られます。

きっちりと事務所や店舗を構えず、登録もせずにクレジットカード現金化を行っている可能性もあります。

このような場合、仮に詐欺的な行為で被害にあっても、訴えることすらできません。

電話番号は、悪質なクレジットカード現金化業者を見分けるための、意外に重要なキーポイントです。

利用者の多い人気現金化
▼優良店で今すぐ現金化▼
あんしんクレジットでクレジットカード現金化申込

悪質業者の手口

クレジットカード現金化悪質業者の手口
クレジットカード現金化は、手続きも簡単で、その日のうちに現金が手元に届く便利さが人気を博しています。

でも、その便利さや手軽さを逆手に取った詐欺まがいの悪質業者が存在することも事実です。

悪質業者に引っかからないために、悪質業者の手口をあらかじめ知っておくのも、有効な対策の一つです。

主な手口としては、

  • 高い換金率でおびき寄せる
  • 複数回に分割して現金を振り込む
  • 振り込んだお金を返金させる
  • クレジットカードのセキュリティコードを聞く

などがあります。

それぞれをもう少し詳しく説明します。

高い換金率でおびき寄せる

クレジットカード現金化は、換金率が高ければ高いほど、多くの現金が振り込まれます。

先ほども言いましたが、見せかけの高換金率を表示して、実際のお金を振り込むときには、強引な理由をつけて金額をどんどん下げてくるクレジットカード現金化業者があります。

振込手数料や郵送料、取扱手数料まで取る悪質業者があります。

また、クレジットカードの種類によって、換金率を急激に下げるといった方法も報告されています。

クレジットカード現金化サービスを利用するときは、換金率だけを見るのではなく、実際にいくら現金が振り込まれるのかを、しっかりと確認してくださいね。

複数回に分けて現金を振り込む

クレジットカード現金化は、クレジットカードで購入した商品を、買取やキャッシュバックで現金に換金するサービスです。

そのため、店舗型であれば、現金化したその時に店舗で手渡しで、現金を受け取ることができます。

インターネット上での契約の場合も、現金化された金額を一括ですぐさま振り込み手続きされます。

ところが、悪質なクレジットカード現金化業者になると、現金の振り込みを2回、3回と分割して振り込むことがあります。

そして、その都度、振込手数料などと称して、法外な額を差し引いて振り込まれるため、実際の換金率が非常に低くなる場合があります。

クレジットカード現金化を利用する際には、現金振り込みは必ず一括で、一度に全額振り込まれることを確認しましょう。

振り込んだお金を再度返金させる

クレジットカード現金化の悪質業者の中には、現金化して振り込んだお金を再度返金させるケースがあります。

お金を返金させる手口や理由は、様々なものがあります。

例えば、

  • もっと高い換金率で現金化できるキャンペーンを実施する
  • クレジットカード会社の加盟店手数料が安くなった
  • 本部の許可で、さらに高い換金率で決済が下りた

など、いい加減なことを言って、いったん振り込んだ現金を、返金するようにいってきます。

必ずと言ってよいほど、返金すれば、さらに多くの現金を振り込むことができるというものです。

その言葉を信じて、クレジットカード現金化の悪質業者にお金を振り込むと、その後一切現金振り込みはされず、連絡さえつかなくなってしまう

このような手口が、多数報告されています。

クレジットカード現金化は、いったん振り込んだお金を返金させることはありえません。

万一、そのような連絡があっても、絶対にお金を返金するようなことはしないでくださいね。

クレジットカードのセキュリティコードを聞く

クレジットカードのセキュリティコードは、クレジットカードの裏面の署名欄のところに記載されている3桁か4桁の番号です。

セキュリティコードは、インターネット上で商品を購入したりするときに、入力します。

表面にあるカード番号とは別のもので、クレジットカードの所有者でないものが、本人に成りすましてカードを利用するのを防ぐためのものです。

そのセキュリティコードを知れば、インターネット上で不正使用される恐れがあります。

クレジットカード現金化業者に、セキュリティコードを教える必要は、全くありません。

クレジットカードで商品を購入する際に、あなた自身が入力するだけです。

にもかかわらず、クレジットカードのセキュリティコードを聞くクレジットカード現金化業者には、注意が必要です。

また、『クレジットカードの表裏のコピーを、写メやFAXで送信しろ。』というクレジットカード現金化業者は、ほぼ悪質業者だと思って差し支えありません。

どのような理由を言われても、絶対に、クレジットカードの情報を知られるようなことはしないでくださいね。

クレジットカード現金化は、今すぐにでもお金が必要な方にとっては、非常にありがたいサービスです。

悪質なクレジットカード現金化業者に騙されないように、優良店を選んでくださいね。

利用者の多い人気現金化
▼優良店で今すぐ現金化▼
あんしんクレジットでクレジットカード現金化申込

-悪質業者
-, , ,

Copyright© クレジットカード現金化安全な優良店と悪質業者を比較する , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.