クレジットカード現金化について

切符の購入で自分でクレジットカード現金化するのは最悪

投稿日:2017年6月7日 更新日:

以前は、クレジットカード現金化で購入するものとして、新幹線の切符などが良く利用されていました。

これは、金券ショップや格安チケットの販売所で、定価に近い金額で買い取ってもらえたからです。

でも、今はクレジットカード現金化として、新幹線の切符の購入は絶対にお勧めできません

クレジットカードの規約

よく、WEBサイトで、クレジットカード現金化は、違法かどうかという記事を見かけます。

クレジットカード現金化が、違法かどうかは、クレジットカード現金化は違法?規約に違反してる?のページで詳しく説明しているので、ここでは詳しい説明は省きます。

ただ、クレジットカード現金化が、クレジットカード会社の規約に違反していることは事実です。

クレジットカードは、最初にカードを発行するときに、利用者にたいする信用で、一定の利用限度枠を定めています。

クレジットカード会社は、お買い物で利用した商品代金を、一時的に利用者に代わって立替払いしています。

そのため、、本来であれば、利用者がクレジットカード会社に商品代金を支払うまでは、商品の所有権はクレジットカード会社にあるのです。

車のローンと同じですね。

自動車をローンで購入すると、所有権留保といって、ローン会社が、その車の所有者になります。

クレジットカードのお買い物は、消耗品や食料品まで含まれるので、いちいち所有権がどうのとは言ってられません。

なので、あまり所有権のことは意識されません。

でも、クレジットカード会社にとっては、商品代金を回収できるかどうかは、非常に重要な問題です。

つまり、クレジットカードで購入した商品を、すぐに現金に換金するほど現金が必要な方には利用してもらいたくないというのが本音です。

それで、クレジットカードの規約には、最初から換金目的でのカードの使用を禁止しているのです。

切符を購入して自分で現金化

切符で自分で現金化

クレジットカード現金化は、必ずしもクレジットカード現金化業者を利用する必要はありません。

自分で、換金できそうなものをクレジットカードで購入して、誰かに転売すれば現金が手に入ります。

よく利用されるのが、飲み会の会費をみんなから集めて、店への支払いは、自分のクレジットカードで払うというものです。

すると、翌月にクレジッカード会社からの請求が来るまでは、一時的現金が手元に残ります。

また、換金率の高い新幹線の切符や商品券を購入して、金券ショップに持ち込めば、手数料なしでクレジットカード現金化ができます。

しかし、これは絶対にお勧めできません

クレジットカード会社は、何を購入しているのかチェックしています。

そして、クレジットカード現金化で利用されやすい切符や電化製品、ブランド物などの購入が、頻繁にされている利用者を監視します。
これらは、クレジットカード会社にとって、非常に簡単なものです。

品物に目印のコードを付けていれば、どんな商品をいつ、どこで、いくら買ったのか全てデーターで拾い出せます。

ある一定のラインを設定しておけば、怪しいと思うものは簡単にピックアップできます。

そして、クレジットカード現金化を行っていると思える利用者に対しては、クレジットカードを強制解約すればよいだけです。

クレジットカードを強制解約されてしまうと、他のクレジットカード会社にもわかるので、新しいクレジットカードは作れなくなると思ったほうが良いでしょう。

換金率が良いからといって、新幹線切符などを自分で購入して現金化すると、全ての信用を無くしてしまうことになりかねません。

それよりは、少しくらい手数料を取られても、和光クレジットのような評判が良いクレジットカード現金化の業者を通じて、現金に換金するほうが安全だと言えます。

-クレジットカード現金化について
-, ,

Copyright© クレジットカード現金化安全な優良店と悪質業者を比較する , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.